• 臨床臨床
  • 研究研究
  • 募集募集
  • 当科の臨床研究に承諾を頂いた患者様へ当科の臨床研究に承諾を頂いた患者様へ

募集

病棟医の1週間の予定

熊本出身・宮崎大学卒業・男性医師入局1年目

熊本医療センターで2年間初期研修医を経て、代謝内科に入局しました。のんびりした性格もあり、様々な診療科で入局先を迷っておりましたが、糖尿病や内分泌疾患など、患者さんの一人一人の社会的背景や病態に応じた治療を模索することに興味を持ち、また初期研修医期間における地域医療実習では、予防医療や老年医学の重要性を感じ、先生方の熱い勧誘もあって代謝内科に入局を決めました。

熊本大学では、糖尿病はもちろんのこと、下垂体や副腎、甲状腺疾患など、幅広い領域の疾患を学ばせていただいております。入局後は、右も左も分からず右往左往する日々を過ごしておりますが、先生方のご指導のもと日々精進しております。医師として大きく成長できるよう様々な症例、患者様一人一人に向き合っていく所存です。ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申しあげます。

熊本出身・福岡大学卒業・女性医師入局1年目

熊本大学病院で初期臨床研修をさせていただきました。初期臨床研修2年目はたすき掛けとして熊本中央病院で研修させていただきました。その後、熊本大学糖尿病・代謝・内分泌内科に入局しました。

初期研修医1年目の頃は何科に入局するか全く決まっておらず、2年間で決められないのではないかという不安もありました。しかし、代謝内科をローテートさせていただいた際に、初期研修医の自分に対しても1人の医師として接していただき、治療方針のディスカッッションや、ご指導して頂けたことが大変嬉しく、感銘を受けました。また、糖尿病・内分泌は今まであまり馴染みのない分野でしたが、ご指導いただき、患者様と接するうちに興味が湧き、入局を決めました。

入局後、早くも1ヶ月が過ぎましたが、先生方にご指導いただき、また患者様から学ぶことも多く、充実した日々を送っております。1日でも早く一人前の糖尿病・代謝・内分泌内科医として独り立ちできるよう、精進してまいります。

熊本出身・産業医科大学卒業・女性医師入局1年目

私は、生まれも育ちも熊本で高校卒業まではずっと熊本で生活しておりました。大学で福岡に一度県外に出てみると、やはり、熊本の良さを身にしみて感じ研修以降は再び熊本で働き地元の人たちに少しでも恩返しができればと思い、熊本労災病院、熊本大学労災病院での研修を経て、熊本大学糖尿病代謝内科に入局いたしました。

糖尿病代謝内科という分野は、学生時代からとても難しく感じることが多かったですが、病棟実習で回らせていただくと、誰もがかかり得る生活習慣病に携われ、また、患者さん一人一人の生活や考え方に合わせて治療を行うオーダーメイド医療を行え、患者さんとより深くかかわることができる分野であるなと身をもって感じとても魅力を感じておりました。

現在、熊本労災病院糖尿病代謝内科で夢であった代謝内科医として働かせていただき、

まだまだ学ぶことだらけではありますが、新しいことを学ぶ楽しさや自分の決定で治療を行い患者さんの状態が改善することへのやりがいを感じ日々充実した生活を送っております。今後も精一杯努力し、患者さんに寄り添える医者になれるよう頑張りますので今後とも宜しくお願い致します。

大学院生の1週間の予定

中国出身・大連大学卒業・女性大学院生1年目

私は中華人民共和国の陝西省の出身で、2018年7月に大連大学の臨床医学専攻を卒業しました。同年10月に日本に来て日本語の勉強をし、2019年9月より神戸大学大学院医学研究科の研究生として、希少糖(D-Allulose)によるGLP-1分泌を介した摂食抑制および耐糖能改善のメカニズムを研究していました。2021年4月に熊本大学大学院の代謝内科学に入学しました。

学生時代から内科学の糖尿病および代謝疾患の研究・診療にとても興味を持っていました。大学の先生から日本の研究環境がすごく良いと聞き、日本に留学することにしました。

熊本は中国でもとても有名なところです。熊本大学は日本ですごく優秀な学校だと認められます。特に熊本大学医学部は歴史長いし、勉強の雰囲気が良いと思います。そして荒木栄一教授の研究に興味を持っていますので、熊本大学の大学院を希望していました。現在は博士として代謝内科で役立つ知識を広く学びたく、将来に優秀な研究者になるために頑張っています。

 

中国出身・浙江中医薬卒業・女性大学院生1年目

私は臨床医学専攻の学生で、浙江中医薬大学を卒業後に浙江省⽴同徳病院で初期臨床研修を行い、留学生として熊本⼤学代謝内科学講座に入局しました。

私は明るくて、粘り強い⼈です。いったん⽬標を立てれは、それに向かって前向きに行動します。大学では様々な専門課程を勉強しましたが、その中でも内分泌科学に一番強い興味を抱いていました。留学は専門性を深めるのみならず、視野の拡大と思考⽅式の転換になると思い決めました。

熊本⼤学代謝内科学講座では、糖尿病血管合併症の発症・進展の機序、あるいはその機序に基づいた新たな治療法開発の研究を行っています。その中でも特に、組織炎症の要因の⼀端を担っているマクロファージを中⼼とした糖尿病⼤血管合併症発症・進展の機序の解明に興味を持ちました。

進学後はマクロファージを介した動脈硬化症の進展の病態解析を中⼼に研究を⾏っております。⽇本語も、研究も日々勉強になり充実した⽣活を過ごしています。研究者としても新しい発⾒ができるように頑張っていきたいと思います。