• 臨床臨床
  • 研究研究
  • 募集募集
  • 当科の臨床研究に承諾を頂いた患者様へ当科の臨床研究に承諾を頂いた患者様へ

村田 雄介


私は熊本県出身で2000年に熊本大学を卒業し代謝内科に入局しました。2年間の研修の後、宮崎での勤務を経て熊本大学大学院に入学しました。

大学院時代は、荒木教授を筆頭に多くの先生にご指導いただき、インスリンシグナリングに関する研究に携わることができました。最先端の医学研究に触れ、論理的・科学的に考える修練を積んだことは医師として臨床診療を行う上で非常に有益であり、とても良い経験でした。

その後は菊池市、山鹿市、八代市にて、糖尿病・代謝・内分泌内科の医師として様々な臨床経験を積ませていただきました。

この度、熊本大学病院で勤務させて頂くことになり、自身の更なる研鑽と共にこれまでの経験を後進の先生達へ伝えることで少しでも役に立てればと思っています。これからも何卒よろしくお願い致します。